屋根材について説明します。

『屋根材』と言っても様々な種類の屋根があります。 ①コスト面、②お家の長期耐久性面(屋根が重たいと家が長持ちしませんもんね)、③耐候性面(日本各地の自然環境の中で劣化から守るため)、④意匠性面(見た目のオシャレ)、によって様々な屋根がありますので、 ご説明いたします。

1.瓦(和瓦・洋瓦)

 瓦屋根は、和風住宅に多く見られる瓦です。一言で言うと塗装工事が必要の無い屋根材です。 粘土を使った焼き物で、見た目もよく、耐久性もかなりよく、断熱、遮音性に優れ、良いとこづくめではあります。しかし、 重量があって家に負担がかかるのと、高価なため、最近の一般住宅ではあまり見られなくなりました。 今瓦の屋根を乗せているお宅は立派なお宅という印象が与えられます。

ザ・日本の瓦屋根。男って感じが、かっこいいですね~!

2.セメント瓦

  次に、セメント瓦です。セメント瓦は、セメントと砂を原料にしたものであり、厚型スレートとコンクリート瓦の2種類があります。上の瓦と比べると耐候性は落ちますが、それでも長持ちをする屋根であり、塗装工事をすることで、さらに長持ちさせることも可能です。コスト面を抑えながら、瓦のように魅せる「瓦」として誕生しました。
※塗膜がなくなると、水が吸込みやすくなるため、10年前後での塗替えをおすすめします。

3.スレート瓦(コロニアル・カラーベスト)

 スレート瓦の最大の特徴は、 ◎軽い ◎デザインが豊富 ◎作業性が良いため、工期の短縮ができる ということになります。
そのため、またたく間に普及し、今の多くのお家の屋根が、このスレート瓦を乗せています。 瓦屋根と比べてしまうと塗装メンテナンスが必要になりますが、しかし塗装をすることによって瓦屋根よりも寿命を延ばすことも考えられます。
 現在のマーケットでは、この軽いスレート瓦を活用することによって、多彩な住宅デザインが可能であることから、重宝されている建材でもあるのです。 七福リフォームでも、屋根塗装で多いのはやはりこの「スレート瓦」タイプですし、スレート瓦の塗装工事では、建てた時のイメージとガラリと変えてしまうことも可能でもあります♪

4.金属屋根

 金属屋根は、一般家庭からの工場まで、幅広く採用されている屋根材です。 基本的に、軽量・加工しやすい・ 耐久性が高い・雨漏りに強いというメリットがあります。 また、地震などに備えて、瓦屋根から金属屋根に変えて(葺き替え工事)災害対策に備える方も多いです。

トタン屋根
ガルバリウム鋼板

5.アスファルトシングル

 アスファルトシングルとは、北米で100年以上の歴史があり、欧米では7-8割の普及率のある一般的な屋根です。不燃布やガラス繊維のグラスファイバーにアスファルトを塗布し、表面には細かな石粒を施し、アクリル樹脂で固めた屋根材です。
 軽量であり、耐久性に優れているため、柔らかいカタチから形状の複雑なお洒落な屋根にも活用されたりすることがあります。
 しかし、アクリル樹脂のボンドが紫外線で劣化する場合がありますので、上から塗料を施して劣化を防ぐメンテナンスが必要です。

太平洋側では比較的少ないですね。

6.陸屋根

 陸屋根とは屋上部分が平になっている屋根のことを言います。文字の通り「陸」みたいだからですね。ビルやマンション、学校などをイメージされるかもしれませんが、住宅でもよく見られる屋根の形状です。
この陸屋根においては、私たちのような塗装・防水業者が活躍をさせていただき、雨漏れを防いでいます。真夏の太陽も真正面に受け止めているのが陸屋根でもありますので、 メンテナンス周期はおおよそ10年に一度(それ以上になると痛みが激しくなり、雨漏れの恐れも出てくる)というのが、おすすめです。

 ちなみに工事種目ごとの予算目安は、以下のとおりです。

工事の種類耐候年数費用(㎡)箇所
ウレタン防水10年4,000~6,500円すべて
シート防水(ゴム)10年3,500~7,000円陸屋根
シート防水(塩ビ)15年3,500~7,000円陸屋根
FRP10年4,500~6,500円ベランダ
アスファルト防水15年5,000~7,500円陸屋根

屋根の葺き替えをしなくて良い変わりに、防水工事は必要ということですね。

7.折板屋根

 折板(せっぱん)屋根は、主に、断面の構造に重点を置いて開発された屋根で、工場・学校の体育館・カーポート・車庫などの鉄骨の建物に多く使われて、金属屋根の代表的な屋根工法となっています。
また野地板等張らずとも設置できるので工期も短縮でき、また 強風や雨にも強いため、現在でも金属屋根の代表的な工法として捉えられています。また、よく「折半」と間違える方がいますが、正確には「折板」と書きます。

大きな空間を持つ建物の屋根には最適な屋根とも言えるでしょう。

 以上が、いろいろな屋根材についてでした。私たち七福リフォームのように、長年塗装工事を行っていると、どうしても、次の塗替え時期になると「屋根はもうそろそろ交換したい…」という意見も出てきやすいので、屋根の交換なども行っております。

 塗装工事でメンテナンスできるのか、屋根の葺き替えをしたほうが良いのかも、無料診断をさせていただきますので、以下よりお尋ねください。


今すぐお電話をする