専門家コラム

下地の意匠による艶の違い2014/11/13

外壁塗装に、艶あり塗料を使用、その時下地の素材によって艶の光具合が違います。

まず、下地の壁材には、大きく モルタル、コンクリート、ALC、サイディング材、金属サイディング

などがあります、そして艶は光の当たり具合(屈折)で変わるので、凸面があるのと、フラットな外壁では

同じ材料を使用しても、艶の見え方や色も自然の力によって、見た目が変化します。

艶や色は、太陽の恵みとかなり密接に関係しているということなのです。

お見積もりフォームはこちら